高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社、マウスコンピューターの新サービス

高島 勇二が社長を務める株式会社MCJには様々な子会社ががあります。その内の1つがマウスコンピューターです。
高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社、マウスコンピューターは受注生産であるBTOパソコンを扱っています。 マウスコンピューターは日本におけるBTOパソコンメーカーの先駆けで、多くの方が利用しています。

そんな高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社のマウスコンピューターは新サービスを開始しました。それがLINEの公式アカウントを利用したサービスです。
2016年の10月4日からmouse LINE 公式アカウントを開設しました。12月5日からはこのアカウントを活用し、LINEでトークサポートを開始しました。
LINEを活用したサービスは、高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社のマウスコンピューターのカスタマーサポートセンターへ、 製品購入に関しての相談・購入後の問い合わせ・修理品についての問い合わせをトーク形成することで、24時間365日利用出来るサポートシステムとなっています。

従来の24時間365日対応の電話・メールでのサポートに加えて、普及し利用されているコミュニケーションツールのLINEを活用し、 トークサポートにより利便性の向上とサポート体制の拡充が実現します。
お客のために様々な手段を講じ、より便利にするのが高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社のマウスコンピューターです。
トークサポートでは、高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社であるマウスコンピューターのコールセンターに、 問い合わせが多い項目に対してFAQを用意した自動サポートと、オペレーターとリアルタイムで可能なトークならではの双方間の画像送信など便利な サポートを受けられるリアルタイムトークサービスがあります。
希望するサービスを選択する事が可能です。切り替えも楽々です。

高島 勇二も太鼓判を捺すのが、専用サイトであるmouse fanに登録しマウスコンピューターの管理をすることです。 各々のパソコン個体番号のシリアル番号を紐付けることが出来ます。そうすることでお客の情報やパソコンの構成、 前回の問い合わせ内容などがサポート側に瞬時に伝わります。そしてサポートに関するスムーズな対応が可能となります。

パソコンを利用する際、サポート体制が充実していると安心出来ます。LINEを利用し、新サービスにより更なるサポート体制を充実させた。 それが高島 勇二が社長を務める株式会社MCJの子会社、マウスコンピューターです。